シェアハウス「リバ邸浦和」

シェアハウス「リバ邸浦和」で住民募集中です!!

リバ邸浦和は通称「リバ浦(りばうら)」と呼ばれ、20代の若者を中心に、共同生活をしているシェアハウスです。

 

埼玉県さいたま市大宮区にあり、空き家だった古民家をそのまま活用しているので、住民のみなさんによりDIYも可能です。最寄り駅からは、上野・東京・池袋・新宿に約30分・渋谷駅に約40分と都内へのアクセスも大変良く、埼玉県最大の駅である大宮駅・県庁や市役所のある浦和駅は隣駅のため、わずか5分の距離です。また、ショッピングモールも徒歩圏内にあるため、スーパーはもちろん映画館やファッション、雑貨、飲食店、家電量販店などを気軽に利用することができます。

 

定員は女性部屋4名、男性部屋2名。男女部屋フロア別・全室ドミトリーです。



お引越しをご検討の方へ

 

2020年1月1日現在、女性2名、男性2名の部屋が埋まっております。

女性2名募集中です。

 

生活費等は以下になります。

🍀家賃:2万9千円

🍀初期費用:3万9千円

🍀生活補助:上記家賃に、光熱費、ネット代、お米代、調味料等が含まれています。

 

住民になるための条件です。

🍀20~35歳程度 ※10代の方でも場合によっては住むことが可能です。

🍀共同生活において、常識の範囲内でルールを守ることができること。

事情があって初期費用・家賃の支払いがすぐにできないなどありましたら、お気軽にご相談ください。

 

ご相談や入居希望の方は、まずは下記へご連絡ください。 

電話  080-1853-6296

メール info@npo-keydesign.org

シェアハウス管理は、20代女性が担っておりますので、女性特有の悩みなども相談しやすい環境にあります。最初のご相談の段階で希望がありましたら、「女性の担当者にお願いしたい」とお申し付けください。できる限りご希望にそった形で進めさせていただきます。

 

普段の様子が気になる方はこちら

 

ツイッター:https://twitter.com/liverty_urawa


リバ邸は、「現代の駆け込み寺®」をコンセプトに掲げて各地に展開しているシェアハウスです。元々は、連続起業家で活動家の家入一真さんや、コンテクストデザイナーの高木新平さん達の企画である「解放集団Liverty」からリバ邸は始まり、現在では全国20ヶ所以上、海外にもリバ邸が存在し、各々有志が独立して運営を行っています。



【NPO法人キーデザインについて】
代表者:代表理事 土橋 優平
設立:2016年9月
所在地:〒320-0862 栃木県宇都宮市西原1丁目3−4
事業内容:不登校の小中学生向けのフリースクール「ミズタマリ」の運営など、生きづらさを抱える子ども・若者支援他
ウェブサイト:https://www.npo-keydesign.org/