学業、就職、部活動やサークル活動。自分が本当にしたいことは何なのか。はっきりわからないまま選んでいませんか?

 

でも、その選択結果は、本当に自分が望んだもの?「なんとなく」や「皆がそうだから」といった理由で選択し、自分の可能性を狭めていませんか?

 

自分のやりたいことはたぶん他にある。けど、それが何なのかわからない・・・。私たちKEYDESIGNは、そんな若者や学生が本当に自分らしい人生を歩めるために様々な活動をおこなっています。

 

魅力ある企業でのインターンシップや、社会で輝く先輩の講演会など、みなさんの「キー」を見つけるためのお手伝いをします。

 

さあ、KEYDESIGNの活動に参加して、自分の未来を見つけよう!

 


News



プログラム

オープンカンパニーとは、高校生向け企業体験プログラムのこと。企画・運営は大学生が主体となり運営しています。早いうちに社会で活躍する素晴らしい企業や経営者に触れることで、人生の目的意識をしっかり明確にし、よりイキイキと学生生活を送れるようになることを目的としています。<プログラムの詳細は準備中>

JOB会は、学生と働く大人が『仕事』や『未来』について対話をするイベントです。大学生になるまでに培ってきた就業観は、そのほとんどがメディア等から得た情報から成り立っており、イメージの世界から抜けられていません。そこでリアルな仕事現場の話を多数の働く大人から聞くことで、間違ったイメージを払拭し、リアルな仕事を知ってもらいます。JOB会に参加することで、学生により明確な未来を描けるようになってもらうことを目的としています。

栃木県内の経営者や個人事業主を中心に取材しています。学生を引き連れ、個人の物語を聞きながら『社会人』を『一人の人』として捉えることで、仕事や社会への抵抗をなくします。そして、型にはまった『こうすべきだ』という概念を取り除き、将来に抱く不安がワクワクへ転換するきっかけになればと思っています。<プログラムの詳細は準備中>


 

 

活動報告

 

 

私たちについて

 

ビジョン


自分の人生を歩める人のあふれた、誰もがワクワクする社会


ミッション


ヒト・コトとの出会いを通じて、未来をつくるサポートをする



 

世の中に1つとして同じカギがないように、人が変わる・成長するために必要なカギも1つとして同じものはありません。そこで私たちはみなさん一人一人と丁寧に関わりながら、その次へ繋がる扉のカギを一緒にデザインします。みなさんに必要とされるカギデザイナーになれるように、頑張ります。より多くの人、特に若い人が「人を幸せにすることが、自分の幸せである」ことに気づくステージに行くためのカギをデザインしていきたいと思っています。

 

代表理事 土橋優平

 

1993年生まれ。青森県八戸市出身。高校卒業後、宇都宮大学に入学。農学部2年を終え休学を開始し、キーデザイン前身の「学生と社会を繋げる団体Be」を立ち上げる。クラウドファンディングに成功し、取材活動を始め、2014年3月にはアイデアプランコンテストでグランプリを受賞。直後、コンテストで発表したプランが中小企業庁の創業・第二創業促進補助金の採択を受ける。現在は2016年4月の法人化に向け、準備中。