組織概要

ビジョン

ひとりにならない社会

ミッション

家族をひらき、子育てに伴走する

  世の中に1つとして同じカギがないように、人が成長するために必要なカギも1つとして同じものはありません。生きづらさを抱える一人ひとりは、本人にしかわからない経験や感情を持っています。そこで私たちは子ども達一人ひとりと丁寧に関わりながら、彼らが一歩を踏み出すために必要な扉のカギを一緒にデザインしていきます。また子どもだけでなく、親御さんにも寄り添い、子育てに伴走していきます。みなさんに必要とされるキーデザイナーになれるよう、次の4つを信念に取り組みます。

 

1.心は熱く、頭は冷静に

2.現場との対話を大切に

3.”ふつう”は存在しない

4.ともに歩む

 

「なんのために」を忘れず、心は熱くあるように。目の前の一人ひとりに寄り添うとき、共感も大切。しかし、ただ共感するのではなく、その後の必要なアクションを考え、適切な形で提供するために頭は冷静であること。

事務仕事や人と関わらない仕事も多い。ただ、現場のことを忘れない。そのために、現場にもしっかり目を向けること。彼らと対話し、その一言一言をかみしめること。

この世の中に”ふつう”は存在しない。あなたの中の常識を、他人にあてはめないこと。生きづらさを抱える若者に寄り添うためには、まず受け入れることが大切。目の前の人の経験や価値観を受け入れ、認め、頷くこと。

人と人の間に上下をつくらないこと。たとえ支援をする側とされる側だとしても、互いに学び気付く関係性であること。歩くスピードを合わせること、そして時々一緒に休む。歩幅を合わせて、ともに歩むことで、目の前の人の心に余裕を生む。



法人名 特定非営利活動法人キーデザイン
設立 2016年 9月 5日 
住所 〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町1627-14
理事・監事

土橋優平(代表理事)

金田雅子

永森久之

後藤和史

八木茂(監事)

代表理事 土橋優平 Dobashi Yuhei

 

1993年生まれ。青森県八戸市出身。宇都宮大学農学部に進学するが、同世代の「生き方」に対する考え方にギャップを感じ大学休学。休学中、学生とともに先輩社会人を取材し冊子を制作したり、大学生と社会人が人生について語り合えるイベントを実施したり、学生と社会との橋渡しをする。2014年3月にはiDEA▶NEXT(アイデアプランコンテスト)でグランプリを受賞。2年間の休学後、大学を中退し、2016年9月にキーデザインをNPO法人化。取り組みの中で「生き方」に悩む学生らと出会うことが急増し、その原因の1つに「所属するコミュニティが家族や学校などに限られ、その場の常識やルールに縛られてしまうことにある」と考えた。何年か取り組む中で、より年齢が若い頃からの支援が必要と考え、現在は小中学生向けのフリースクールや、高校生も対象に含めたホームスクール(家庭教師)、保護者向けの無料LINE相談支援「お母さんのほけんしつ」などを実施する。年間300家庭以上の子どもの不登校に悩む保護者より相談を受ける。

NPO法人キーデザイン

〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町1627-14(事務所)

TEL:080-1853-6296(代表直通)

メール:npokeydesign@gmail.com

 

スポンサー・協力企業団体 一覧