フリースクール ミズタマリについて

宇都宮のフリースクールミズタマリ

フリースクールミズタマリは、宇都宮市内に2019年6月にオープンした不登校の小中学生の居場所です。最初は、使われていなかった民家の一角をお借りしておりましたが、2021年4月より移転し、宇都宮市平出町にて運営しております。

 

運営は、20代スタッフを中心に、大学生のボランティアさんもいます。基本的に勉強は教えません。まずは家族以外の人と関わること。同世代の子ども達同士で、関わり、心を通わせ、感じ、学び、成長していく場所。何よりも”子ども達の安心”を一番に考え、居場所づくりをしています。


私たちが大切にしていること

1.表面的な学校復帰を目的としない

 私たちは「表面的な学校復帰」を目的としておりません。これは高根沢町で官民連携で運営しているフリースペースひよこの家の考えを参考にさせていただきました。

 私たちはフリースクールを、「学校へのつなぎ」ではなく「学校と同等の機関」としてとらえています。それぞれの事情を持って学校へ行けない・行かなくなった子ども達を無理やり学校へ戻すことはしません。まずは「外に出るのが不安」「人に会うのが怖い」そんな気持ちにある子ども達が、安心して来られる第一歩をここでつくります。もちろん、子ども自身が「学校に戻りたい」と言った場合にはそのサポートはさせていただきます。

2.個性を大事にする

 どんな子どもにも得意不得意があります。ある子どもは、大きな音や人混みが苦手ですが、想像力豊かで、創作活動が大好き、好きなことには人一倍、一生懸命になって取り組むことができます。ある子どもは、ルールに縛られることが苦手ですが、人懐っこく、自分より小さな子の面倒見も良い、同世代が集まれば一人ひとりに気を配りながら心地よい空気感をつくることができます。

私たちはそんな一人ひとりの個性を知り、できるところは伸ばし、苦手なことは支え合う、そんな生き方を学べる場所をつくります。

3.「たすけて」を言える人に

 人はつらい時でも我慢してしまうことがあります。「(本当はつらいけど、でも迷惑はかけたくないし、自分でがんばればなんとかなるはず…そうだ、うん)大丈夫」大人のみなさんもそんな風に思いながら「大丈夫」と言ってしまった経験があるはず。子ども達もそうです。勇気を振り絞って助けを求めようと思っても、自分自身、まだその気持ちに気付けず言葉にできないこともあります。生きていれば必ずつらくなることはあります。弱さを素直に他人に見せ、つらくなった時にひとりぼっちにならないように。「人に助けてもらうこと」「人を助けること」それが当たり前にできることを目指し、子ども達とフラットな関係性を築けるような雰囲気づくりをしています。



ミズタマリですること

複数人で遊ぶ

🍀ボードゲーム

🍀ジグソーパズル

🍀おしゃべり

🍀外で散歩、スポーツ

 

などを通して、スタッフ・大学生と子ども達で一緒に遊びます。ボードゲームも、「感覚的なもの」「思考するもの」「だまし合うもの」など必要とする能力も異なり、1対1、大勢でやるものなど、ゲームを通して人と接することに慣れていくことができます。ジグソーパズルも闘うのではなく、みんなで協力して1つのものをつくりあげる作業です。様々な事柄を通して、人との関わり方を学んでいきます。

ひとりで自由にする

🍀お絵描き

🍀折り紙

🍀読書

🍀生き物や植物との触れ合い

 

などを通して、心を休める時間をつくります。大勢が得意な人も、苦手な人もいます。得意な人でも、ずっと大勢でいると疲れてしまうことも。絵具や色鉛筆を使って自由に絵を描いたり、絵本やマンガを読んだり、折り紙で自由に遊んだり、ひとりになれるような時間もつくります。ただ、完全にひとりにするのではなく、スタッフが一人ひとりの様子を見て声をかけるので、本人は自由にしながら、ひとりぼっちにはしません。



ご利用をお考えのみなさんへ

時間、料金など

【日時】毎週(月)(火)(木)13:00~17:00

※祝日はお休みです。夏休みなどの学校の長期休暇中も、ミズタマリはオープンしています。

 

【料金】

週1~週3コースで選ぶことができます。

詳しくは窓口までお問合せください。

 

ミズタマリの住所は下記になります。

〒321-0901 栃木県宇都宮市平出町2777-1

※NPO法人宇都宮国際障害児乗馬協会内の施設をお借りしています。

お申込みはこちら

下記フォームへ書き込んでいただいてから、3日以内にご連絡差し上げます。もし3日以内に連絡が来ない場合は、下に記載の電話番号までご連絡ください。

相談がしたい方

「もう少し知りたい」

「まずは子どものことについて相談したい」

 

そんな方は下記の友だち追加ボタンより、相談窓口「お母さんのほけんしつ」にて登録をし、ご相談ください。

 

友だち追加

LINEを使われていない方は、電話でも対応できます。

電話番号:080-1853-6296(代表土橋)

その他

🍀2019.9.24 東京新聞に取り上げていただきました。記事を読む

🍀2019.9.3 産経新聞に取り上げていただきました。記事を読む



よくあるご質問

Q.見学をしたいのですが、保護者だけでも大丈夫ですか?

A. 親御さんのみでも大丈夫です。お子さんが「外に出ること」「他人と会うこと」に抵抗があるご家庭も多いかと思いますので、まず親御さんのほうでお越しいただき、フリースクールの様子をご覧いただければと思います。上記連絡先より必ずご予約をお願いします。

Q.今の利用者の学年など教えていただけますか?

A. 2021年4月現在、登録者は10名です。小3~中3まで在籍しており、男女比はだいたい半々です。登録者は10名ですが、週1~週3で選択ができるので、8名いる日もあれば、5名だけの日もあります。送迎のご都合、またお子さんの特性など考慮したうえで、曜日を選択していただくことができます。

Q.フリースクールでは、勉強は教えてもらえますか?

A. 勉強をしてほしい、とお子さんに対して思われる方もいらっしゃるかと思いますが、こちらで授業などの時間を設けて勉強を教えることは基本的にはしません。本人がやりたいと言って、教材などを持ってきた際には、学習支援教室での勉強指導の経験があるスタッフや現役の大学生が指導にあたることは可能です。ただし、私たちは勉強よりもまず本人の心の安定、また人とコミュニケーションをとり、安心して外出ができる、人と関われる状態になることを大事な目標としているため、このような対応をさせていただいております。

Q.フリースクールに通わせたいと思うのですが、子どもが人と会うのを怖がっています。どうすればよろしいですか?

A. 家族以外の人と会うことに抵抗があるお子さんも大勢います。その場合は、フリースクールのスタッフが直接ご自宅に訪問し、お子さんと顔合わせをし、安心してもらってから、フリースクールに来ていただくこともできます。当会では「ホームスクール」という定期的に訪問する形でのサービスもございますので、そちらで数か月関わり、関係性をつくってからフリースクールに切り替えりケースもあります。お子さんにあった形で慎重に最初の関わりを持ちたいと考えておりますので、まずはご相談ください。

Q.子どもは発達障がいの診断を受けていますが、通わせることはできますか?

A. 発達障がいの度合いにもよります。フリースクール(複数の空間)にすぐになじむことができそうであれば、フリースクールで受け入れもできますが、まずコミュニケーションの取り方から身に着ける必要がある場合はホームスクール(個別の家庭訪問)をお勧めしています。まずはご相談いただき、お子さんの様子を直接見させていただいてから、こちらで判断させてください。お子さんの特性やペースに合わせて、適切な環境を用意するための配慮となりますので、保護者の方のご希望にそえない場合もありますがご了承ください。

NPO法人キーデザイン

〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町1627-14(事務所)

    〒321-0901 栃木県宇都宮市平出町2777-1(フリースクール)

TEL:080-1853-6296

メール:npokeydesign@gmail.com

 

スポンサー企業一覧